2010年09月20日

フィンユールのNo45 イージーチェアの魅力

フィンユールが1945年に発表したのがNo.45 イージーチェアです。



このイージーチェアは、世界で最も美しいアームを持つチェアとして評判が高い名作椅子です。



No.45 イージーチェアの最大の特徴は、やはりアームでしょう。



アームの先端は、ナイフのように薄く研ぎ出され、三次元曲面による美しいカーブで構成されています。



また座面がフレームから浮いているようにみえるデザインは、圧巻です。背後から座る人も大変美しく見えるようなっておりフィンユールらしい特徴といえるでしょう。


No.45 イージーチェアは、フィンユールがヴィルヘルムラオリッツェン建築設計事務所から独立後に最初にデザインされた椅子です。



この椅子からフィンユールの椅子デザインの歴史が始まったといえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。